20代で登録は当たり前?成婚するまで登録すると割引される結婚相談所で婚活

20代も後半に差し掛かり、年齢的にもそろそろ婚活をして結婚相手を見つけたい、と思ったときには結婚相談所に申し込んでいました。割引出来るサービスを利用出来たからです。実際に申し込んでみると、想像していた婚活との違いに驚くこともたくさんあります。

自分の考えていた婚活が実に甘いものだった、ということがよくわかりました。私が結婚相談所に申し込んで活動していたときに感じたことを紹介します。

「婚活中の方必見!結婚相談所でのメッセージの書き方のポイントを解説!」

私は行動が遅かったの?結婚相談所へ登録している人の年齢にびっくり

周囲の同期や友人が次々に結婚し、出産をしている子も増えている中で独身だった私は、20代の後半になってようやく「婚活しなければ」と焦りが出てきました。理想の結婚相手は芸能人だったりアニメの登場人物だったりした子供の頃とは違って、20代後半にもなれば現実が見えてきます。

誠実でお互いに思いやれることが第一条件で結婚相談所に登録してみることにしました。結婚相談所ならプロのスタッフがアドバイスをくれるというし、自分も冷静に相手を探すことが出来るだろうと思ったからです。ですが、この時点で考えが甘かったことがわかります。

まず、結婚相談所を決めるというところで時間がかかりました。私の年齢は当時20代後半ですから、まだまだ年齢的にも結婚相手を探すのは遅くないはずです。しかし、口コミなどを見ると20代前半で登録して婚活をしている人の多さに驚きました。

中には大学を卒業してすぐに婚活のために結婚相談所に登録している子もいたのです。自分に合った活動しやすい結婚相談所を探すには、自分と同じ年代の人が成婚しているところがいいだろうと思い、いくつも結婚相談所のサイトを見て回りました。

ネット婚活やアプリで相手を探すというところもありましたが、これらも同時に行いつつ、直接プロのアドバイスをもらえるところに登録することに決めたのは2ヶ月も経った頃です。

みんな本当にこんなことしてるの?婚活の大変さを知って疲れる

ネット婚活が出来るアプリも結婚相談所が運営しているところが多く、そこにまずは登録したのですがプロフィールに載せる写真を撮影するのにもずいぶんと時間がかかりました。相手に一番はじめに自分を知ってもらえる一部だと思うと、緊張しておかしな顔で写ってしまいます。

パソコンで加工をしてもなにか違和感があるので、自然のままの笑顔の写真を載せました。この写真は何枚か撮ったので、そのひとつをネットで活用し、ほかのものは結婚相談所で登録するときに使えるかもしれないと保存し、やっとネット婚活用の写真撮影が終了です。

その後、プロフィールを書くのにもとても時間がかかり、ネットに載せるだけでも2日間もかかってしまいました。婚活をする際にアピールしやすい文章や自己紹介、写真などについて調べたことでなおのこと時間がかかってしまったのかもしれません。

その調べたことを参考に下書きして、書き直して納得出来たらようやくプロフィール欄に載せる、といった具合なので私の場合は何をするにも時間がかかってしまいました。婚活の大変さをここではじめて感じたのを覚えています。

みんな結婚相手を見つけるのにこんな苦労をしているのか、と本当に悩みました。


結婚相談所を決めるのが大変?自分に合ったところを見つけて登録

結婚相談所は、20代に人気のところとアラサーで成婚したという口コミが多かったところのどちらにしたらいいのか、ということで悩みました。20代後半でアラサーでもある、ということで結局アラサーに人気が高く、成婚率も多いところに決めたのですが、これが正解だったのと同時に、驚くことに出会う回数を増やしてしまう理由になったのです。

結婚相手を探すのがこんなに大変だとは思いませんでした。婚活を早くにはじめていた人は、この苦労や驚きなどを体験して結婚し、出産をしているのかと思うと尊敬します。私が選んだ結婚相談所に登録したとき、きちんと成婚をするまで登録することを条件に割引されることになりました。

これは成婚できる確率の高さと自信があるから、ということです。そして私専属のスタッフになってくれた方は、なんとこの結婚相談所で実際に出会いを見つけて結婚をしたという女性でした。旦那さんとは今でも仲がよく、一緒に出かけるということも話してくれました。

なぜ結婚相談所で婚活をするのに惚気を聞かされているのだろう、と思いながらも、自分も絶対に幸せになろうと思った瞬間です。

結婚後のイメージがない?自分でも驚く結婚観

その結婚相談所では、まずはじめに担当についてくれたスタッフの方と一緒に専門のカメラマンがいるスタジオでプロフィール用の写真を撮影しました。自分で撮影するのとは違って、あっという間に私なのに私ではないほどきれいな写真が出来上がりました。

プロの技術のすごさに感動です。それをパソコンに取り入れて、プロフィールを書くのですが自分で考えるよりもスタッフの方がしっかりとアドバイスをくれるので、スムーズに考えることが出来たのが良かったです。プロのアドバイスは私が説明されても納得が出来るものばかりで、結婚相談所に登録したのは正解だったと思いました。

プロフィールの後は自分の結婚観について話をしたのですが、ここで自分がはっきりとした結婚後のイメージを持っていないことがわかってびっくりしたのを覚えています。なんとなく、こういう旦那さんとこんな家で生活して、子供は何人いるとか考えていたのですが、具体的に言おうとすると言葉がなかなか出てきません。

こんなに漠然とした考えで結婚をしても大丈夫なのだろうか、と不安になったほどです。ですが、担当者の方いわく、登録した直後の人はだいたいそのような感じなので大丈夫です、ということでした。そう言われてホッとしました。

このようにしっかりとしたアドバイスをくれるから成婚率が高いのかと感心し、割引されたときに成婚まで契約したほうが良いと言われたことにも納得しました。

結婚観と優先順位

結婚相談所に登録したあとに数回お見合いをして感じたのは、ネット婚活と違って登録している男女は本気で結婚相手を探しているということです。もちろんネットで婚活をしている人も本気の人は多いと思います。ですが、結婚相手の条件や相手に求める内容がより具体的なのがこちらだと感じたのです。

私も担当者の方と何度も話し合い、結婚観を具体的に持つことが出来るようになっていきました。数回のお見合いではお付き合いをする直前までいったけれど、相手から断られたこともあります。実際に会って話をすることで相手のイメージが想像していたのと違う、という人は案外多いそうです。

私がお付き合いすることが出来たのは、登録をしてから4ヶ月ほど経った頃でした。担当者の方に言われた結婚相手に求める条件に優先順位をつけ、ひとつずつ譲っても良いものを消していくというもので、自分にとって何が一番大切なのかを考えることが出来ました。

それをしていくと、自分の考えている結婚生活なども具体的にわかるようになったので不思議です。結婚観がわかると、相手に求めるものも自然とわかるようになってお付き合いが出来るようになりました。結婚相談所はネット婚活ではうまくいかない人にもおすすめです。

こちらの結婚相談所の「成婚するまで登録し続けるなら割引」というのは、成婚させる自信の表れだということが今ではよくわかります。現在、結婚式に向けて未来の旦那さんと楽しい時間を過ごしています。ちなみにアプリを利用したネット婚活は、2ヶ月程度で私には合わないと感じてやめてしまいました。

散々苦労をしたのに、一体なんだったんだろうと今でも思います。けれど、そのおかげで自分に合う婚活方法は結婚相談所に登録して活動することだとわかったので、ネット婚活にも挑戦してみてよかったです。